エクササイズ

女性ホルモンでアンチエイジング&バストアップ!

女性ホルモンがバストアップに効果
女性ホルモンは、妊娠、出産の出来る体を作るために卵巣で作られるホルモンですが、思春期の分泌量でバストのサイズが決まってしまうとまでいわれる大事な大事なホルモンです。
女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかを確認するには基礎体温を測ります。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、一定の周期でバランスを変えながら体と心に作用します。
正常なバランスであれば、基礎体温は非常に綺麗な二相曲線となり、バランスが崩れていると曲線も乱れます。

同じ年齢でも見た目に大きな差があるのは、女性ホルモンの分泌量によるものです。
女性ホルモンの分泌量が多い場合は若々しく、引き締まった美しいボディを保っていますが、ホルモンの分泌が減少している場合は、見た目の老化が著しく、ボディラインも崩れ、当然の如くバストアップどころか、垂れパイの一途を辿ります。

アンチエイジングを目的とするなら、女性ホルモンを正常に分泌させる必要があります。
女性ホルモンを分泌させるには、さまざまな要素が必要ですが、卵巣機能を正常に働かせる必要があります。
まずは卵巣の血流を促進させ、冷えを改善しましょう。

アンチエイジングもバストアップも、土台となる体質改善が大切です。
健全な体であれば女性ホルモンは正常に分泌するのです。